『R.P.G』 宮部 みゆき(著)

【評価】 ★★★★
【一言】 ネットで擬似家族体験

R.P.G.R.P.G.
宮部 みゆき

集英社 2001-08
売り上げランキング : 26,286

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【前置き】
数年前に買って読みました。
この本は、単行本化せず最初から文庫で発売(←重要)した中編小説です。
宮部さんは、今や大人気作家ですね。
私は彼女の小説って、短編集の『我らが隣人の犯罪』と、この『R.P.G』しか読んだことありません。
『ICO -霧の城-』は序章で飽きて読まずに返却した過去(笑)が…。
(彼女のゲーム系小説は賛否両論な感じ)

他の宮部作品も読んでいる友人に、この本の感想を聞いた所、
「こういうのも書くんだね~」と言っていたので、ちょっと異色作なのかもしれません。
『模倣犯』に登場する刑事がゲスト出演しているそうなので、ファンの人は嬉しいですね。

【感想】
中編で読みやすく、面白かったです。
娯楽小説として上手く纏まっており、読後に満足感がありました。
まぁ推理小説の部類なので、一度 結末を知ってしまうと、「繰り返して読みたい!」とは思いません。
せいぜい2回読めば充分。
でも初めて読むなら楽しめる作品だと思います。

他作品で言い換えると、
私の中では、映画の「Sixth Sence」 (シックス・センス)と同じなんですよね。
つまり冒頭場面で言う所の「秘密」(種明かし)が命。

【実はドラマ化されていた】
この作品、2003年にBSハイビジョンでドラマ化されているのをご存知でしょうか?
原作好きとしては、嬉しい知らせでした。
(※私はハイビジョンではなく、数ヶ月後にBS2で視聴)

ストーリー的に実写化しても良さそうと思っていたので、期待を膨らませウキウキな気分。

しかし・・・

ちっとも面白くなかった(笑)

「あれ、おかしいな。小説は面白かったのに」というのが正直な感想。
原因はよく分かりません。
ちなみに後藤真希が演じる「娘」は、演技はさておき配役としては合っていたと思います。

2003年TVドラマ「RPG~ロール・プレイング・ゲーム~」
Link: R.P.G. - NHK Drama



◎ICOのゲーム音楽はオススメ。
海外の公式サイトで、3曲ダウンロードできるので、ぜひ聞いてみて下さい!
http://www.icothegame.com/en_GB/downloads/downloads_movies02.htm

ICO~霧の中の旋律~ICO~霧の中の旋律~
ゲーム・ミュージック

by G-Tools


▼この表紙は好きです。
ICO  -霧の城-ICO -霧の城-
宮部 みゆき

講談社 2004-06-16
売り上げランキング : 34,266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


我らが隣人の犯罪我らが隣人の犯罪
宮部 みゆき

by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:推理小説・ミステリー
ジャンル:本・雑誌

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01