【NHK海外ドラマ】 アガサ・クリスティー トミーとタペンス ―2人で探偵を―

2015.10.19 22:06|映画ブログの記事一覧
関連記事
■ 「トミーとタペンス」 シリーズの紹介
■ 『秘密機関』 トミーとタペンスシリーズ1

アガサ・クリスティーの「トミーとタペンス」シリーズは、2006年に当ブログで記事にしていますが、昔から好きな小説です。
その愛読書が、NHKの海外ドラマ枠で放送されることを知りました。
ドラマ化は2回目だと思いますが、今回放送されるのは、2015年版で日本初公開とのこと。
2015年10月18日(日)から毎週日曜に放送開始です!

秘密機関 クリスティー文庫秘密機関 クリスティー文庫
アガサ・クリスティー 嵯峨 静江 嵯峨静江

NかMか (クリスティー文庫) おしどり探偵 (クリスティー文庫) 親指のうずき (クリスティー文庫) 運命の裏木戸 ハヤカワ文庫―クリスティー文庫 チムニーズ館の秘密 (クリスティー文庫)

by G-Tools


久々にテレビ番組を録画して見ましたが、なかなか良い出来で楽しかったです。

以下、原作のネタバレを含むドラマ感想になります。

アガサ・クリスティーの名作の新作ドラマが日本初登場!
今年2015年、生誕125年を迎えるミステリーの女王アガサ・クリスティーが生みだし、エルキュール・ポワロ、ミス・マープルと並んで愛される「おしどり探偵」ことトミーとタペンスの夫婦が活躍するミステリー・ドラマ。

1950年代のイギリス。第二次世界大戦後の復興から東西冷戦の時代に、冒険好きの妻タペンスと彼女を支える夫トミーが難事件に挑む。50年代のおしゃれなファッションとノスタルジックな雰囲気のなかで、ユーモアを交えながらハラハラドキドキのドラマが展開する。イギリスで制作され、BBCで放送したばかりの作品を日本初放送! 1作品を3回に分けて放送します。(2作品全6回)

原題:Agatha Christie’s Partners in Crime
制作:2015年 イギリス

アガサ・クリスティー トミーとタペンス ―2人で探偵を―
http://www4.nhk.or.jp/tommyandtuppence/より引用



■トミーとタペンス(1)「秘密機関(1)」 - 2015年10月18日(日)

アガサ・クリスティー原作のおしどり夫婦が活躍する探偵ドラマ。日本初放送!列車で乗り合わせた女性が行方不明に。トミーとタペンスは事件の謎を追うが…。(3話完結)

第二次世界大戦後の1952年。ロンドン在住の夫婦、トミーとタペンスはパリに出かける。帰りの列車の中で乗り合わせた若い女性が食堂車に行った後、タペンスは銃声と悲鳴を聞いたような気がした。女性はそのまま戻らなかった…。不審に思ったタペンスは、女性が残した1冊の本を手掛かりに行方を調べようとするが、次々と危険な目にあう。



事前にNHKのホームページで見て知っていましたが、原作小説とは設定を変えてきています。

まず作中の時代設定、そして人物関係は大幅な改変が見られました。
そもそも原作の『秘密機関』におけるトミーとタペンスは、幼馴染であり、友達以上・恋人未満な関係でしたが、ドラマ版では既に夫婦で、一人息子もいます。 
(小説では、シリーズ2作目『おしどり探偵』の最後にタペンスが子作り宣言をして、3作目の『NかMか』でデボラとデリクという双子の男女を産み育てたことが分かる流れなので、少し違和感がありました)

またトミーの上司であるカーター氏は親戚の人になっていたり、従僕のアルバートはトミーの友人のような役どころで登場しました。
(そしてトミーは定職についておらず、一人息子の学費は叔父のカーター氏に支払ってもらっているというセリフまで…)

ただ、このシリーズの魅力である、タペンスの行動力やトミーの人柄はドラマ版でもしっかりと伝わってきたので、良かったです。
ドラマ自体は丁寧に作られている印象を受けましたし、続きが気になる締めでした。


トミーとタペンス(2)「秘密機関(2)」 - 2015年10月25日

アガサ・クリスティー原作のおしどり夫婦が活躍する探偵ドラマ。日本初放送!失踪した女性、ジェーンの行方を調べ始めたトミーとタペンスはスパイ事件に巻き込まれて…。
ジェーンの失踪にはソ連の工作員、ブラウンが関係していた。ブラウンはイギリスで重要人物の暗殺を企てている。タペンスはメイドになりすまし、ブラウンとつながりがあるオペラ歌手の自宅に潜入する。一方、トミーはブラウンの手下だと間違われたことで、ジェーンの居場所を突き止めることに成功するが、偽者だと気づかれてしまう。




トミーとタペンス(3)「秘密機関(3)」 - 2015年11月1日

アガサ・クリスティー原作のおしどり夫婦が活躍する探偵ドラマ。日本初放送!ブラウンが誰かを探り当てたトミーとタペンスは、暗殺の標的である国務長官のもとへ急ぐが…。
暗殺犯の一味に拘束されたトミーは、陸軍の極秘ファイルを盗み出すことを条件に解放された。言う通りにしなければ息子ジョージの命はない。寝返りを疑われたトミーは、情報部の報告会に呼ばれて厳しい追及を受ける。トミーはスキを見て記録保管室へ向かうがタペンスが邪魔に入る。だが息子の命が交換条件と知り、協力しファイルを盗み出そうとする。




トミーとタペンス(4)「NかMか(1)」 - 2015年11月8日

アガサ・クリスティー原作のおしどり夫婦が活躍する探偵ドラマ。
日本初放送!トミーは軍情報部幹部のおじから極秘任務を命じられる。




トミーとタペンス(5)「NかMか(2)」 - 2015年11月15日

スパイの正体を調べるため潜入捜査を始めたトミーとタペンス。次々と起こる事件に翻弄される。




トミーとタペンス(6)「NかMか(3)」[終] - 2015年11月22日

スパイNの要求は核兵器とソ連の政治犯との交換。期限は2日しかない。




関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:海外ドラマ(欧米・イギリスetc)
ジャンル:テレビ・ラジオ

タグ:アガサ・クリスティー

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

11  09  08  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01