御手洗潔シリーズおすすめ本 - タイトル一覧

島田荘司の御手洗潔シリーズのおすすめ本を紹介。
読みたいものは一通り読み終わったので、個人的な好みを反映したタイトル一覧。


参考URL
御手洗潔 - Wikipedia  :シリーズ概要や作品タイトル(出版年)等
御手洗潔 事件年表 :事件の順番や登場人物の年齢の参考に。
 *御手洗潔(1948年生まれ)、石岡和己(1950年生まれ) 作中で二人も年をとっていきます。

当ブログ感想記事
長編『占星術殺人事件』『異邦の騎士』(ネタバレ感想)
長編『斜め屋敷の犯罪 - 改訂完全版』 (ネタバレ感想)
短編集『御手洗潔の挨拶』『御手洗潔のダンス』、中編『Pの密室』(ネタバレ感想)
短編集『御手洗潔のメロディ』『最後のディナー』、中編『セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴』(ネタバレ感想)
『最後の一球』(ネタバレ感想)
『暗闇坂の人喰いの木』(ネタバレ感想) 
中編『UFO大通り』 (ネタバレ感想) *「傘を折る女」TVドラマ感想あり

個人的な好み
○ 御手洗と石岡君のコンビが活躍する話(横浜の馬車道に同居時代)
○ 御手洗の人柄がわかるような話(ミステリ要素は薄くても可)
○ 長編は、ページ数が多すぎないもの(「占星術殺人事件」程度)
○ 小説の中の小説:いわゆる作中作がない(あっても短いページ数なら可)






≪御手洗潔シリーズ おすすめ≫ 

タイトル横の★は、読後の5つ星評価。  ★=1点、☆=0.5点
★★★★★ 5点
★★★★☆ 4.5点
★★★★ 4点 以下略

御手洗潔シリーズは、だいたい上から順(発表順)に読んでいくのがいいでしょう。
過去の事件や登場人物が出てくることもあるので、その方が違和感なくわかりやすいです。

占星術殺人事件 ★★★★ デビュー作 
占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)

斜め屋敷の犯罪 ★★★★ 館ものミステリ、奇妙な館の密室殺人
斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)

御手洗潔の挨拶(短編集)  ★★★★☆ 「数字錠」「ギリシャの犬」がおすすめ
御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)

異邦の騎士 ★★★☆ <過去編> 上記の1~2冊読んでから読むべき本
異邦の騎士 改訂完全版

糸ノコとジグザグ 『毒を売る女(短編集)』に収録の1編(これだけが御手洗物)
毒を売る女 (光文社文庫)

御手洗潔のダンス(短編集)  ★★★☆
御手洗潔のダンス (講談社文庫)

▼作中時間における1994年1月に、御手洗は北欧へ旅立つ。

龍臥亭事件(上・下) 石岡君が主役の長編、里美さん初登場
龍臥亭事件〈上〉 (光文社文庫) 龍臥亭事件〈下〉 (光文社文庫)

御手洗潔のメロディ(短編集)  ★★★★ 
御手洗潔のメロディ (講談社文庫)

最後のディナー(短編集)  ★★★☆ 石岡君+里美さん(御手洗は電話で少しだけ登場)
最後のディナー (文春文庫)

Pの密室(中編集)  ★★★ 御手洗の子供時代を知ることができる1冊
Pの密室 (講談社文庫)

セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴(中編?)  ★★★☆ 横浜・馬車道時代の話
セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴 (角川文庫)

最後の一球 ★★★☆ 御手洗&石岡君登場は82pまで。残りは、ある野球青年の手記(ミステリではないが、物語は悪いない)
最後の一球 (文春文庫)


「龍臥亭事件」は、御手洗シリーズを読み進めるに辺り既読の方がよさそうなので入れています。(自分は未読)
これだけだと「松崎レオナ」と「ハインリッヒ」という人物が謎ですが、Wikipediaの登場人物等でチェックしておけば問題ないかと思います。

松崎レオナ=御手洗に惚れた美人女優(相手にはされていない)
ハインリッヒ=御手洗の北欧での友人/助手

暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)
暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)
松崎レオナ初登場の長編(分厚い)

関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

タグ:御手洗潔

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

人気記事

楽天

月別アーカイブ

04  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01