スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

『となりの怪物くん FAN BOOK (ファンブック)』 ろびこ ネタバレ感想

2012.12.02 19:58|漫画ブログの記事一覧
▼となりの怪物くんネタバレ感想【関連記事】
○『となりの怪物くん』紹介記事
○7巻[特装版] ○8巻 ○9巻 ○10巻 ○11巻 ○12巻 ○13巻
○となりの怪物くん ヤマケンについて語る。

2012年11月21日発売
『となりの怪物くん FAN BOOK』 買いました!

となりの怪物くん FAN BOOK (KC デザート)


読了後の一言。 

面白かった! 

『となりの怪物くん』ファンなら満足できる一冊。

ファンブックというと、大抵キャラプロフィールと名場面紹介、原作者インタビュー、ほんの少しの描き下ろしがせいぜいだと思いますが、この本は違いました。

ちなみにコミック10巻までの内容を凝縮した感じなので、アニメから入った人は原作を読破してから読んだ方が楽しめると思います。
(キャラクター解説や人間関係等、これまでの経緯を踏まえて語られているからネタバレ要素あり。)

《内容紹介》
・ろびこ本人責任編集
・幻の単行本1巻初版限定シール復刻
・ポストカード封入
・カラーピンナップ付き
・未収録漫画完全収録
・幻の超初期設定&1話目ネーム収録
・初公開!キャラ設定
・アニメ用資料公開 
・超初期設定に1話目ネーム
・書店さん用ペーパー……などなど。
*情報源:ろびこNET。および本日のデザートより





ファンブックではありませんが、下記URLのろびこ先生インタビューや編集部・担当さんの話も読みごたえありですよ。

第23回 ろびこさんインタビュー!(2010年12月) - 講談社コミックプラス
ろびこ「となりの怪物くん」とタアモ「たいようのいえ」スペシャル対談(2011年10月) - コミックナタリー
「となりの怪物くん」 打ち合わせの長さは業界ナンバーワン?(2012年10月)- マンガ質問状 ろびこ先生の担当者:鈴木さんのインタビュー


となりの怪物くん大好評発売中



▼以下 『となりの怪物くんFAN BOOK (ファンブック)』ネタバレ感想。


《 目 次 》
その1  未収録まんが一挙公開! ・・・ p.5  
その2  初公開!キャラ設定 ・・・ p.39  
その3  初公開!(秘)アニメ用資料 ・・・ p.67  
その4  蔵出し!連載前はこうだった! ・・・ p.85  
その5  宣伝関係描き下ろし一挙収録! ・・・ p.133 

【FAN BOOK特別描き下ろし】 「夏目あさ子の日常」 ・・・ p.159

Special1  「となりの怪物くん」間違い探し! ・・・ p.38
Special2  「となりの怪物くん」ができるまで ・・・ p.62
Special3  「迷路ヤマケンくんを救え!」 ・・・ p.158

カラー特別記事1   「となりの怪物くん」全付録グッズ! ・・・ p.65  
カラー特別記事2   「となりの怪物くん」手書き宣伝物完全収録! ・・・ p.131 



表紙イラストはメインキャラ大集合☆
こういうのはファンブックらしくていいですね。
裏表紙は名古屋くん。コケーッ!!!

カバー裏はこの本ができるまでの制作スケジュール(舞台裏)になっていて遊び心を感じさせます♪
表紙をめくると、山口兄妹、ハル・雫・夏目さん・ササヤンの勉強風景を描いたカラーピンナップ(その41の扉絵)が一枚。


●その1  未収録まんが一挙公開!
未収録漫画は、雑誌デザートの別冊付録(3回分)+フェア用漫画1ページ。
これは未読の人が多いでしょうから嬉しい再録。

1つ目: 下柳くん視点の高校入学式での一コマ。
欄外に海明学院の始業式の様子も乗っていて、小さいスペースながらヤマケンと3バカのやりとりに笑えます。

2つ目: 2本立て
《日常編・ハルの休日》 ハルが雫に会いに行く途中、みんなに会ってワイワイ賑やかな話。 
《海明学院青春編・彼らが仲よくなった話》 海明学院メンバー出会いの話。中学時代の4人は幼さが残っていて、一瞬誰だか分からなかったけど新鮮でしたー。

3つ目: 松陽高校、群像劇。「ある一日」が「あの前日」だったという落ちが微笑ましい。


●その2  初公開!キャラ設定
メインキャラは見開き(2ページ)で、サブキャラも…あんな人まで載ってます。
キャラクター解説は、キャラをよく考察した内容になっていて読み応えありです。

大島さん&ゆうちゃんの実家情報、雫ママの経歴は初登場だと思う。

それにしても、みんな好みの異性とは違うタイプを好きになってるのが面白いですね(笑)
雫と夏目さんの好みは作中に出てきたとおり。

>雫 「父親と反対の男性」 7巻でヤマケンに答えた通り。

>夏目さん 「包容力のある42歳の男性」
自分でもファザコンだったと語るくらい、お父さん大好きっ娘。
家族構成が「母」というのを見ると、お父さんは現在 他界しているか離婚(もしくは別居)しているのかもしれませんね。

そしてキャラ解説では、みっちゃんに惹かれたのは、彼が大人の男性だから、その父性的な部分に惹かれたのかもしれないと書かれていました。
個人的には、それでも夏目さんの恋は本物だったと思うし二人がカップルになる未来があっても、それはそれでありだと思っていました。
みっちゃんに「その気がない」ので片想いで終わってしまいましたが。

夏目さんは結局 振られてしまったけれど、あんな風にしっかりと考えて返事をしてくれる、みっちゃんを好きになったことは、彼女にとって良かったと思います。
例え悲しい結果だったとしても。

>ササヤン 「優しくておとなしい人」
ということは、大島さんのような女の子が本来 好みなんですね。
でも人間関係に器用で世渡り上手なササヤンが、苦労して難攻不落な夏目さんに振り向いてもらえるよう頑張る姿を見られるのは面白いです。

>ヤマケン 「連れて歩ける女」
・・・ああ、俺様キャラっぽい設定。
だから雫のこと散々「モサイ」とか言ってたのね。
まぁ好みのタイプと実際に好きになった人は違うんですよね(笑)
あと迷子属性のある彼がよく使うアプリ「MAP」という小ネタがナイスでした。
方向音痴だと地図見ても迷うんですよ。(経験者は語る)


●その3  初公開!(秘)アニメ用資料
各キャラの制服や私服、持ち物を説明したイラスト。 
詳細に書かれているので見ていると楽しいです。


●その4  蔵出し!連載前はこうだった!
第1話のネームが丸々掲載。・・・これはページ数を使うし別にいらなかったかな。(すいません)


●その5  宣伝関係描き下ろし一挙収録!
単行本発売時のフリーペーパー、書店さん向けペーパー。
これらも今となっては入手不可能なので、10巻分までが一挙収録されていて嬉しいです。
4巻のフリーペーパー右下にはヤマケンに関するコメントあり☆ (1巻時からチャンスさえあれば出す気バリバリだったとか。)


●【FAN BOOK特別描き下ろし】 「夏目あさ子の日常」
この描き下ろし漫画、面白かったです!
高校1年生の頃のお話3本立て。

○その1 ともだち ・・・ 放課後、勉強中の雫と遊びたい夏目さんのエピソード。図書館の床でゴロゴロする夏目さんがすごい。

○その2 てんてき ・・・ この話が一番好きです。夏目さんとヤマケンの応酬(やりとり)はいいですねー。(notカップル)
しかしヤマケンの『俺は頭の悪い女は好きだが バカは嫌いなんだ』という一言に納得というか何というか。
そっかー、よく夏目さんを「バカ女」呼ばわりしてると思ってたけど、ほんとに嫌いだったんですね。
誰もが振り返る美少女(夏目さん)に見向きもしないのはヤマケンくらいでは。
あ、優山も夏目さんに反応しないよなー。

○その3 オフ会 ・・・ 夏目さんがネットのオフ会に参加する話。 ハルと夏目さん、黙ってれば美形オーラで見目麗しいわ。そしてジョージが不憫…(笑)




このファンブックは、値段が750円(税込)なので高いなーと思いました。
できれば通常コミックと同じ、440円で売って欲しかった。(←貧乏発言ですいません)

でも内容を見れば値段相応のよさを感じました。

読者が気にすることではないけれど、アニメ化に伴い仕事量が増えているであろう、原作者ろびこさんが多忙スケジュールの中、担当編集さんと一緒に頑張って作ったのが伝わってくる本になっていました。

『となりの怪物くん』ファンの方には、おすすめです♪ 
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:感想
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:となりの怪物くん

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

人気記事

楽天

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。