『ラストゲーム』 2巻 天乃忍 ネタバレ感想

2012.10.21 23:23|漫画ブログの記事一覧
ラストゲーム 2 (花とゆめCOMICS)

<内容説明>
打倒九条を誓い苦節10年、ライバル心がいつしか恋心に変化した柳。
大学生になり九条にプロポーズまがいの事を言ってしまうが、九条の反応は!?
そんな時、天文サークルに入った九条と柳の前に、九条狙いのイケメンが現れ!?
読切「わすれ雪」併録。 2012年7月刊。


今回の感想は少し辛口なので、それでも宜しければ続きをどうぞ~。







▼『ラストゲーム』2巻の感想  ※ネタバレ注意

⇒ ラストゲーム1巻の感想は【こちら】


『…考えたくない 考えたくないがしかし もしかしてオレは
 10年かけて ようやく九条の中で「友達」になったのか…!?』



1巻ラストで九条さんにプロポーズまがいの宣戦布告?をした柳くんのその後から。
一旦リセットとも思える幕開けです(笑)

しかし2巻を読んで思ったことは、
別に『大学生』である必要は全然ない話だな~ということ。

サークル活動にしても、文化祭にしても、社交的でない九条さんが周囲と関わりを持とうと頑張るところも。
遅すぎる青春なのかもしれないけどさー。
すでに20歳をむかえる二人なのに、絵柄のせいもあって『高校生』といって話をすすめても違和感ない内容ですもん。

1巻で1話:小中 → 2話:高校 → 3話:大学 というのは、あくまで3話完結で考えていたからこその年齢設定であって、長編用に考えられた設定じゃないですからね。。。


ラストゲーム 1 (花とゆめCOMICS)

二人の関係性も10年のつきあいで、ようやく【友達】いう状態なので。
2巻のラストで(事故ですが)九条さんにほっぺにチューされて茫然とする柳くんとかww
中学生かよっ!て感じの初々しいラブコメが繰り広げられています。

まぁ最終的に婚約や結婚という流れで【完結】するなら、大学生という年齢の方がスムーズかもしれませんが、現時点では、話の内容的にイマイチ【大学生】という設定を生かしきれていないような気がしてなりません。
高級レストランで二人で食事したり、車の運転ができたり、そういうのは成人設定といえるけどね。

あと今回いつも地味な九条さんが大学祭でメイドのコスプレをしたら見違えるほど綺麗に!!というエピソードがありましたが、絵での説得力は乏しかったのが残念。

『となりの怪物くん 10巻』の雫はホントに化けたなーと読者に思わせる画力がありましたが、そういうのはなかったです。
書き分けは難しいんでしょうね。 九条さんの場合、まつげバサバサとヘアスタイルを変えただけでは…。



・・・と、いろいろ書きましたが、私はこういうストーリーやキャラは好みなので、3巻が発売されたら、また手に取りたいです!
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:マンガ・ゲームの話
ジャンル:サブカル

タグ:ラストゲーム

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

人気記事

楽天

月別アーカイブ

04  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01