クマのプーさんの魅力 ~最終話より作品考察~

【注意事項】
考察部分は、最終話のネタバレを含んでいます。
未読の方はご注意下さい。



クマのプーさん プー横丁にたった家  プー横丁にたった家 (岩波少年文庫(009))



【初回投稿】 2006年3月
【加筆修正】 2014年11月 *最終更新 (何度か文章を加筆修正しています)



【前置き】

日本人は、『くまのプーさん=ディズニーキャラ』だと思っている人、多いと思いませんか?
私も昔はそうでした。
最近は 「クラシック・プー」 (原作プーさん絵)を使った雑貨も多く見かけますけどね。

ディズニー版プーさんは、声がおじさんで、私に深い衝撃を与えてくれた思い出があります。
なぜ・・・
英語版でも日本語版でも声はおじさんですが、絶対におかしい!

そんな私は中学の頃に原作に興味を持ち、本を買ったり関連書籍を読んだりして、独自にプー通の道を歩んでいました。
挿絵はディズニー版を見慣れた者にとっては馴染みにくかったものの、すぐに慣れました。 

原作はイギリスの作家A.A.ミルンの作品で、イラストはE.H.シェパード。
二人は風刺雑誌パンチのメンバーでもあります。
作者の息子であるクリストファー・ロビンが、プーさんに登場する同名キャラのモデルなのは有名な話ですよね。
ただ実在のクリストファー・ロビンが成長した時に「世界一有名な子供」として名前だけが一人歩きする様を疎ましく思っていたというのは、意外と知られていないかもしれません。


【プーさんの物語の何処が好きか】

正直なところ、小さな子供向けの物語ですから他愛のない話ばかりです。
大して面白くなかったです、私は。
ところが『プー横丁にたった家』の最終話!
これが素晴らしいので、大人にも支持される名作になりました(断言)

以下の考察で、内容について語ります。

 The House at Pooh Corner
The House at Pooh Corner


【考察】 

『プー横丁にたった家』
クリストファー・ロビンとプーが、魔法の丘に出かけ、ふたりはいまもそこにおります。


この物語は、森の仲間とクリストファー・ロビンの別れで終わります。
ここだけは子供より大人の方が感動する内容になっています。
(私は中学時代に読んだ時はこのストーリーを理路整然と説明できませんでした。)

最終話の流れは、こうです。
1. 冒頭でクリストファー・ロビンが行ってしまうことが語られる。
2. なぜ行ってしまうのかは説明されない。誰も知らない。
3. 皆でロビンのお別れ会をする。 一同解散。
4. 残ったプーとロビンは二人きりで話をしながら歩き、森へ行く。

クリストファー・ロビンが行ってしまう理由。
これは、プーとロビンの会話から明かされます。

プー、きみね、世界中で一番、どんなことをするのが好き?
(中略)
ぼくが一番していたいのは、何もしないでいることさ。
ただブラブラ歩きながらね、聞こえないことを聞いたり何も心配しないでいることさ。 (注1)



こんな風に自分のことをプーに聞かせる場面があり、しばらくして次のセリフに続きます。

ぼく、もう何もしないでなんか、いられなくなっちゃったんだ (注2)



ここから読者は、 ロビンが旅立つ理由と最終話で語られている内容 が分かります。
この一言はクリストファー・ロビンの 幼年期の終わり を示している言葉なのです。
ロビンにとって、魔法の森は安全で心地よい子供の遊び空間である反面、大きな変化もなく非常に閉鎖的な空間でもあります。
子供は成長に伴い、自ら進んで何かに挑戦したり、学びたいという気持ちがでてくるもの。

「何もしないでなんか、いられない」 というのは、そういうことです。

故に、魔法の森から外の世界へ出て行くことになったのです。

なお、ここで重要なのはクリストファー・ロビンが完全に魔法の森と縁を切ろうとしている訳ではない所。
以下の会話が核心になります。

「プー、ぼくが――あのねえ――ぼくが、なにもしないでなんか、いなくなっても、時々、きみ、ここへ来てくれる?」
「あなたも、ここへ来ますか?」
「ああ、来るよ、本当に。プー、ぼく、来るって約束するよ」
「そんならいい」
「プー、ぼくのこと忘れないって約束しておくれよ。ぼくが百になっても。」
(中略)
「プー。」「もしぼくが――あの、もしぼくがちっとも――」
「例え、どんなことがあっても、プー、きみはわかってくれるね?」 (注3)


そこで、ふたりは出かけました。ふたりの行った先がどこであろうと、またその途中にどんあことが起ころうと、あの森の魔法の場所には、ひとりの少年とその子のクマが、いつも遊んでいることでしょう。 (注4)



これを読むと「プーと過ごす時間」や「魔法の森という場所」がロビンにとってどんな存在意義を持つのか、よく分かります。
つまり、これらは幼年期の思い出であり、癒しの存在である訳です。
(魔法の森は、言い換えると 時々帰りたい場所 という感じ)

自分が何歳になっても、どんなことがあっても、例え魔法の森へ行かなくなっても、それでも無条件で待っていてくれる存在のプー。 いつでも受け入れてくれるプー。
そういう存在がいるのは嬉しいことです。

プーさんの物語は児童文学ですが、大人になってから読み返すと新たな発見があるかもしれません。

ちなみに私は洋書と岩波文庫の両方持っていますが、石井桃子さんの翻訳は子供の言葉や気持ちといった部分を繊細に表現していて素晴らしいと思います。

▼プーさん(邦訳)Anniversary Editionの装丁が素敵。
クマのプーさん Anniversary Edition プー横丁にたった家Anniversary Edition

【引用箇所】
 『プー横丁にたった家』 A.Aミルン作, 石井桃子訳, 岩波少年文庫, 1985年(第28刷改版)
(注1)p271-274 (注2)p280 (注3)p280-281 (注4)p282



【関連書籍】
クマのプーさんの哲学
クマのプーさんの哲学

【評価】 ★★
人気のキャラクター使って、取っ付きにくい哲学を説明しよう!という類の本。
プーさんは、自分が無知なことを知っているから、無知の知だとかね。
この手の本はあまり好きじゃないので斜め読み。

クマのプーさんと魔法の森へ
【評価】 ★★★★★
プー世界の入門書。
原作を読む前に、こちらから入った私としては非常にオススメ。良書です。



【関連記事】  

映画 『ビューティフル・ガールズ
ナタリー・ポートマンが演じるヒロインの少女に恋する、悩める大人の物語。(少し御幣あり)
作中スケート場の場面で、クマのプーさんを引用する所があり、そこが印象に残っています。
以前にBSで放送された時に録画して、その場面だけ何度か見たものです。

主人公(29歳)がヒロインの少女(13歳)に告白された時、
「君はロビンで、僕はプーだ」と二人の関係性に答えを出すシーンで使われています。
映画に流れる音楽も相まって、少し切なく美しい一場面を演出していたと思います。

→ 当ブログの映画感想 映画「ビューティフル・ガールズ」感想

B006OQ0IYCビューティフル・ガールズ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-03-07

by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:児童書
ジャンル:本・雑誌

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

11  09  08  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01