『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』 ジェフリー・ブラウン (著), 富永 晶子 (翻訳)

『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』
ダース・ヴェイダーとルーク(4才)

遠い昔、はるか銀河の彼方で......

エピソード3.5:
ダース・ヴェイダーとルーク(4才)
シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは、
反乱同盟軍の英雄たちと戦うべく、
銀河帝国軍を率いる。
だが、そのまえに、まず4歳の息子、
ルーク・スカイウォーカーと
遊んでやる必要がある......





2012年5月28日に辰巳出版から発売。
64ページのオールカラーで価格は1,260円(税込)

この本の存在を知ってから、早数か月。

ようやく読みました。 

内容は上記の通り。
エピソード3と4の間の時間軸で、 『もしダース・ヴェイダーがルークの保護者として過ごしていたら・・・』 というIFストーリーになっています。

ストーリーといっても起承転結のある物語が繰り広げられている訳ではなく、1ページごとに完結している漫画のよう。

この本に出てくるルークは、やんちゃで少し我儘な普通の男の子。
そしてダース・ヴェイダーは、そんなルークが可愛くて仕方ない過保護気味なパパとして描かれています。

もちろん甘やかすだけではなく、時には叱ったり、教えを説いたり。
子育てに四苦八苦しつつも幸せを感じるヴェイダー卿が、何だか新鮮(笑)

ネタバレになりますが、この本は パパ、大好き とルークが言って終わります。

子育て中のパパが読んだら、きっと心がほっこりする一場面でしょう。
大人の心をくすぐる絵本ですね。

スター・ウォーズが好きで、パロディに抵抗がなければ、おすすめの1冊です♪




私はスター・ウォーズの旧三部作では「エピソード4/新たなる希望」が一番好きなので、この3.5という時間軸も何だか好きです。(新三部作ではエピソード1と2が好き)

他にもスター・ウォーズのパロディは見たことがあります(*注1)が、この絵本はそれとは全く違っていて、斬新なアイディアに感心します。

良い絵本に出会えましたよ!




(*注1)『親指ウォーズ』という、親指でスター・ウォーズ世界をやっちゃった映画がありました。
30分の短編作品でエピソード4をベースとした内容です。
スター・ウォーズにはまっていた時期に見たので個人的には笑えました!
親指ウォーズ [DVD]

エピソード1は、この前3D映画になりましたね。
2と3は劇場で見ましたが、1はテレビとDVDでしか観たことがないので、機会があれば観に行きたかったです。
スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

タグ:スターウォーズ

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

11  09  08  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01