【お茶の祭典】 ルピシア 秋のグラン・マルシェ 2011 に行きました。

イベント: ルピシア 秋のグラン・マルシェ 2011
入場: 2011年9月10日(土) 10:30
東京会場: 池袋サンシャインシティ 文化会館2階展示ホールD

ルピシアで年に数回 開催されているイベントに行ってきました。
無料で入場できて、様々なお茶を試飲できて、さらに商品が割引で買える!・・・ということで以前から気になっていたんです。
ルピシアの予約フォームから、希望の入場日時を送信だけなので簡単に申込完了。

以下、簡単なレポート&感想です。

事前に過去のグラン・マルシェの様子をネットで調べておきました。
やはり昼ごろから混雑するようなので、土曜日の朝、早起きして10:30に入場。

ちなみに入場時間は予約制ですが、2時間で退出しなければならない といった時間制限はありません。


<入り口でもらったお土産>

・お茶うけ(ドライフルーツ×2個、クッキー×2個)
・お茶のプチ缶 (ルピシアのお茶の缶。ミニサイズ。保存用なので、お茶は入っていません)
・ルピシア オリジナルプチ缶ポーチ

・・・お茶うけは嬉しかったけど、プチ缶とポーチは微妙。
あまり需要がないと思うのは私だけ? これなら、お菓子だけにして量を増やしてほしかったような。。。

<混雑状況>

10:30でも既に入場者は多数いましたが、大混雑というほどではありませんでした。
とはいえ試飲ブースは、混み合っていて、紙コップのお茶にハイエナのように群がるお客さんたち(自分含む)。

<試飲>

紅茶・緑茶・ハーブティー・中国茶まで、全て試飲できます。

小さな紙コップに、1㎝程度のお茶が入っていました。
これが試飲の量なので、20杯以上飲んでも大丈夫~。

しかしお茶は、 全てホットだったんですよね・・・
まだまだ暑いし、アイスティーも飲みたかったよ!

ひとおおり試飲を終えて、お茶の販売コーナーを見たりして、気が付けば
時間は12:00過ぎに。 
この時間帯は、かなり人が多かったです。 休憩の椅子は満席でした。

<実演コーナー>

チャイの実演コーナーとミルクティーの実演コーナーがありました。
こちらは時間が貼り出されていて、常にやっているわけではありません。

せっかくなのでチャイの方は見ましたが、やはり人が多く、背伸びしないと実演の様子が見えない感じでした。
チャイの試飲は美味しかった。

<販売コーナー>

ルピシアのお茶を10%OFFで買えます。
また 「ミルクティー」 「秋のお茶」 「ハーブティー」 などブースごとに お茶が売られていますが、そのブース内でお茶を3袋以上購入したら、20%OFFになる・・・といった割引もありました。

<ココデシカ>

ルピシアで国内・国外【限定】販売されている お茶 を、グラン・マルシェでは購入可能です。
一律 プチ缶(茶葉20g入り)で500円 なので、値段は安くありません。
でも北海道限定・軽井沢限定・銀座限定・さらには台湾限定・ハワイ限定など、たくさんの種類がありました。

<アウトレット>

賞味期限が近いお茶が安く売られていました。
種類は、缶入り紅茶、ティーバッグ、など。

(一例) 抹茶オレ 賞味期限2011年9月 
      定価500円 ⇒ 200円  (3つ買ったら500円)

(一例) いしやきいも(紅茶)50g 賞味期限10月 
      定価650円 ⇒ 450円

---------------------------------------

そんなこんなで2時間程度で退場。

自分用のお土産は、3つで20%OFFにするため、
「アイスティー」ブースで 合計1280円の出費。

● 緑茶フレーバード グレープフルーツ 500円 ⇒ 400円
● 紅茶フレーバード カシスブルーべりー 650円 ⇒ 480円
● 紅茶フレーバード シナモン  500円 ⇒ 400円

緑茶のグレープフルーツは、アイスティーにすると本当においしい!
柑橘系はアイスに合うのですよー。

逆にカシスブルーベリーは、ミルクティー向け。だいたいロイヤルミルクティーにして飲んでます。

シナモンは安かったから買ったけど、さらっとした味。ミルクティー向け。
ルピシアでもらったレシピでは、アイスティーにしてアイスをのせてフロートにすると良いと書かれていました。

---------------------------------------


<感想>

これまで何度も【ルピシアだより】
で見かけて興味があったので、今回参加できて良かったです。
ただ、もっと広い会場を想像していたので、思ったより こじんまり していた感じでした。
試飲コーナーも、もっともっと たくさんのお茶があると思っていたので、わりかし こじんまり な印象。
(それでも準備する側は大変なんでしょうが。。。)

ルピシアのお茶の大ファンで、限定のお茶が買いたい人、または交通費がかからずにいける人ならリピートしたいイベントだと思います。

私自身は、この内容なら一度 体験すればいいかな~と思いました。

おしまい。




【2011/9/25 追記】

先日のグラン・マルシェでは、1,280円しか使わなかった私ですが…
その後、近くの駅ビル内にルピシア店舗がOPENし、OPENキャンペーンで結構お金を使っちゃったのでした。
これが分かっていれば、グラン・マルシェでなんか買わなかったのに。 後のまつり;

だって1袋(50g入)買ったら、同じ物をもう1袋・無料でくれる(実質・半額)という太っ腹キャンペーンだったんですよ!
例えば 500円(50g入) の茶葉を買ったら、結果として100gを500円で買えることに。
さらに通常3,000円以上の買い物で登録(または更新)できる『ルピシアだより』が、2,000円以上でOK。
茶パッチも1袋につき1個貰えました。

値段だけを考えれば、夏と冬の福袋の方が得だと思うけど、好みじゃないお茶も入ってるからね。。。

そんな訳で好きな紅茶をまとめ買い・・・
いずれもミルクティー向けで、秋~冬の間にガンガン飲もうと思ってます。

● 紅茶フレーバード いちご 500円
● 紅茶フレーバード カシスブルーベリー 600円 (グラン・マルシェでも買ったけど、また)
● 紅茶フレーバード マロンショコラ 600円
● 紅茶フレーバード カリソン 800円

● 緑茶フレーバード 栗 650円 (季節限定品)緑茶は賞味期限1年間です。

カリソンは、初めて買いました。
800円だし、私が定価で買うにしては高め。 甘めでふんわりした香り。

[5551] Calissons d’Aix
カリソン

南仏プロヴァンスのお祝いのお菓子で知られるカリソンをイメージしました。
カリソンとは、アーモンドとメロンを練り合わせ、オレンジピールを加えた、小さな菱形の甘いお菓子。
茶葉のボディがしっかりしているのでミルクティーにぴったり。


 ---- ルピシアオンラインのより引用 ---- 



という訳で、グランマルシェで1,280円、オープン記念で3,150円 合計 4,430円

けっこう買っちゃったな~。 お茶代に4,000円以上って。。。
今、未開封のお茶が9袋あります。  
なので2012年の福袋は買いません。

---------------------------------------------------

その後。

カリソンをロイヤルミルクティーにして飲みました。
割と複雑な味わいでしたが…期待しすぎたようでした。
正直800円は高い。
私がメロン苦手なのも一因かもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル:グルメ

タグ:展覧会 ルピシア 紅茶

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01