【美容院】 ヘッドスパに行った (リラクゼーション)

ヘッドスパとは

日々の疲れがたまり心身共に癒されたい今日この頃。
ヘッドスパに行ってきたので、簡単に記録しておこうと思います。
いずれも美容院でやってもらいました。

店にもよると思いますが、単品で頼むとドライ(ブロー)料金が別途とられます。
カット&カラーなどとセットにした方が値段的にはお得かもしれません。
(1) はじめてのヘッドスパ

最寄駅の美容院にて。
ちょうど紹介カードがあり30%offでした。

●時期; 2010年の年末 

●料金: 2,660円 (30%offの金額)

●時間: ドライを含めて60~70分

●流れ: 最初に、どんなシャンプーを使うか等 相談。
その後 席に座った状態で頭皮に何かつけてマッサージ。
デコルテも軽くマッサージしてくれました。
そしてシャンプー台に移動して、マッサージしながらのシャンプー(トリートメント込)。
割と長い時間やってくれたような気がします。
席に戻り、ドライと簡単なブロー。

●感想: まあまあ良かったです。 でも期待が大きすぎたのか、そこまで癒された~!!とは思えず。 
疲れが取れた!という意味では、アロマオイルを使った全身マッサージ(60分)の方がずっと良いです。 
でも頭皮がすっきりして髪の毛もサラサラになったし、良い経験でした。


(2) 2度目のヘッドスパ(個室)

誕生日割引のある美容院にて。

●時期: 2011年の3月 
(誕生日は先月ですが、2月末に電話で問合せしたら、3月でもOKに) 

●料金: 2,940円 (30%offの金額) 通常3,150円+ドライ料金1,050=4,200円

●時間: ドライを含めて60~70分

●流れ: 最初に、ヘッドスパのコースを選択。 またどんなシャンプーを使うか等 相談。
今回は個室での施術なのでワクワクしていましたが、まずはシャンプー台に通されて、シャンプーから。

その後 個室(狭い部屋/気分だけバリ風)に通されました。
ベッドのような椅子に寝そべり、なぜかシロクマのぬいぐるみを抱っこするよう言われて、トリートメントを使った頭皮マッサージ開始。

気持ちよかったですが、シャンプーの時間があったせいか、個室にいた時間はそう長くないように思いました。
個室での施術はこれでおしまい。

またシャンプー台へ移動し、髪を流します。

席に戻り、簡単な肩のマッサージ後 ドライとブロー。

担当さんは、シャンプー・頭皮マッサージをしてくれた女性、ドライ・ブローの女性がいて、分業になっていました。
前回もそうでしたが、なんとなくシャンプー・マッサージはアシスタント(もしくは新米スタイリスト)でドライ&ブローはそこそこ経験のある人という印象でした。

●感想: 今回もまあまあ良かったです。 頭皮が硬かったと言われ、「自分へのご褒美みたいな感じで季節の変わり目ごとにやるといいですね」と言われました。 
やはりヘッドスパ後は、髪がふんわりサラサラになりますね~。

でも、もっと本格的に癒されたい場合は、時間が90分・100分、料金も8000円・9000円は必要かもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

タグ:美容 ヘアケア

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

11  09  08  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01