映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 感想

2010.01.02 16:38|映画ブログの記事一覧

【評価】 ★★★★
【一言】 人生は旅

■Web検索: カールじいさんと空飛ぶ家 予告動画がおすすめ
カールじいさんと空飛ぶ家 - youtube

原題: Up
製作国: 2009年アメリカ
上映時間: 1時間43分

ストーリー:
亡き妻エリーとの思い出が詰まった家にひとり静かに暮らしている78歳のカールじいさん。
だが、周囲の再開発でその生活が失われそうになったある日、エリーの夢だった南米奥地の秘境を目指すため、人生最後の大冒険に出ることを決意。
家に大量の風船をつけて大空へと飛び立つ。



THE ART OF カールじいさんの空飛ぶ家

お正月くらいは映画館へ!と思ったものの、あまり見たいのがない。
公開中の映画から削除法でえらんだ、「カールじいさんと空飛ぶ家」

話題作だったようですが、テレビ見ないし、ピクサーのファンでもないのでノーチェックでした。

事前にネットで感想をチェックした限りでは、

・ 冒頭の10分が素晴らしい。
・ 後半の冒険部分は普通。
・ 総合的には佳作。

という感じで、「自分の好みに合っていそうだし、そこそこ楽しめそう」ということで見てきました。


結果。

期待していなかった分、思ったよりずっと楽しめました!

評判の良い冒頭10分の追憶シーンから涙がホロリ。
子どもがいない分)夫婦の絆が、より強い感じで深い愛を感じます。

出番は少ないですが、妻のエリーがすごく素敵な女性です。

彼女の冒険ブックに残されたカールへのメッセージにも涙。
こういうのに弱いので、映画を見ている最中 何度か涙腺が緩みました。


肝心のストーリーについては、
幅広い年齢層を対象に、誰にでも楽しめて、心温まるお話に仕上がっています。
涙あり、笑いあり、の娯楽作品。

言葉を変えると、万人受けを狙っているので単調(予定調和)に感じる人もいるでしょうし、勧善懲悪な部分は子供向けかもしれません。

また、あの「悪役」の存在(扱い)は安直な気もしますが、その辺は冒険に緊張感を出す要素が必要だったと割切って。

ちなみにラッセル少年は、実にリアルな子どもの言動で、すごいなーと思いました。
私はカールじいさん同様、最初 彼の存在に疲れましたが。


  別れと出会い

    これまでの人生、これからの人生

      思い出とは・・・



そんなメッセージのある映画でした。
エンディングロールも後日談になっていてサービス精神旺盛なピクサー映画。
CM(予告編の動画)を見て嫌いな感じでなければ、ぜひ映画館でご覧下さい!



※賞賛ばかり書きましたが、映像効果を考えると冒険の場面なんかは映画館で観ての感想です。 DVDレンタルで見たら迫力は半減、少し退屈する可能性も。 そして楽しめましたが、「もう一度見たい!」といった興奮はありません。

■同時上映の短編アニメーション「晴れ ときどき くもり」は、あまり面白くなかったです。



カールじいさんの空飛ぶ家 (ディズニーアニメ小説版) カールじいさんの空飛ぶ家
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:ピクサー

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01