メロディ 2009年 8月号 「花咲ける青少年」 感想

2009.07.15 06:25|漫画ブログの記事一覧
▽花咲ける青少年【特別編】発売中  

花咲ける青少年特別編 1 (花とゆめCOMICSスペシャル) 花咲ける青少年 特別編 2 (花とゆめCOMICSスペシャル) 花咲ける青少年 特別編 3 (花とゆめCOMICSスペシャル) 花咲ける青少年 特別編 4 (花とゆめCOMICSスペシャル)

スーパーHIT★リターンズ!

花鹿と、立人&ユージィン&ルマティ&カールにまた会える♪

その後、世界に散って行った5人の身に―――!?


と、いう訳で白泉社の雑誌 「メロディ8月号」 を購入しました。


■概要

・ 見開きカラー表紙
・ 本文24ページくらい 
・ 物語の時間軸は、「花咲け」本編終了から2年後くらい?
・ ストーリーは、ルマティから花鹿たちへ“ラギネイ王国で開かれる結婚式”の招待状が届き、久々に懐かしいメンバーが揃うことに… というもの。 作者が柱コメントで 「顔見世興行のつもりで描いた」 と語っています。


■感想

「この漫画、面白かったか?ぜひ読むべき?」 と聞かれると、正直 微妙(苦笑)
同窓会的なノリなので、ストーリーはあるようで、ない。

まぁ作者のファンサービスと受け止めて、 「花咲ける青少年」の新作を今になって読めて良かった! と思うのが最善でしょう。

カラーの表紙は、華やかできれいでした。

絵については、男性キャラは昔の絵(連載当時)に近かったです。
ただカールは少し違ったな~。
虎之助は、もともとマトモな顔が少なかったので気になりません。

花鹿は顔が丸っこくて、苦しかった・・・かも。 (ちょっと別人;)

以下、ややネタバレになりますが、
この漫画の中で、“ノエイが、将軍のお嬢様と結婚して子持ち” というのが判明するので、本編終了から少なくとも2年くらいは経過していると考えられます。

ってことは、花鹿は18歳頃のはずだけど、いやに童顔に描かれていて、それが少し残念でした。

この漫画は女性キャラより男性キャラの魅力で成り立っているので構わないのかもしれませんが。


ちなみにルマティは相変わらず可愛くカッコよかったので満足です(笑) 
王様っぽくなっていましたよ!

Melody (メロディ) 2009年 08月号 [雑誌]


■関連記事
・ メロディ2010年6月号 「フルール・ド・グラス」 花咲ける青少年・特別編 感想
・ 『花咲ける青少年』 愛蔵版 全6巻 樹なつみ 感想


花咲ける青少年 1 愛蔵版 (1) (花とゆめCOMICSスペシャル) 花咲ける青少年 2 愛蔵版 (2) (花とゆめCOMICSスペシャル) 花咲ける青少年 3 愛蔵版 (3) (花とゆめCOMICSスペシャル) 花咲ける青少年 4 愛蔵版 (4) (花とゆめCOMICSスペシャル) 花咲ける青少年 5 愛蔵版 (5) (花とゆめCOMICSスペシャル) 花咲ける青少年 6 愛蔵版 (6) (花とゆめCOMICSスペシャル)
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:花咲ける青少年
ジャンル:アニメ・コミック

タグ:花咲ける青少年 樹なつみ

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01