最近のAmazon.co.jp 【発送方法の多様化】 - 2009年4月現在

Amazon.co.jp(アマゾン シーオー ジェーピー)とは、Amazon.comの日本法人アマゾンジャパン株式会社(東京都渋谷区)が運営している通販サイトである。  Amazon.co.jp - Wikipedia より引用


そんなAmazonのビジネスに興味深深。
最近はよくAmazonで買い物するので、私自身 (Amazonにとって) お客様の一人です。
『アマゾン・ドット・コムの光と影』 横田 増生(著) を読んでから、早3年以上の月日が流れ、時流に合わせてAmazonも刻々と経費節約に励み、顧客拡大に努めています。 (たぶん)


■配送方法の変化

それまでAmazonは日本通運と契約をしていました。
本でも家電でもペリカン便で届いていたのです。

ところが、2008年の秋ごろから、配送方法が変わってきました。

当初、関東限定?でカトーレック㈱のカトーレック便による配達になりました。 (全ての商品をカトーレックにしたかどうかは不明です)
おそらく地域限定にすることで、ペリカン便より安く送料が済ませられるからだと思います。
(なお、確かカトーレック便はネット上で配送状況を確認できないので、私は嫌いです)


そして、その後さらに変化がありました。
今まで複数の商品を同時注文したものは、在庫状況が同じなら、一括配送されていました。

しかし、明らかに一括配送できるものも、最近は分割して配送されるようになったのです。



▼証拠: 注文商品発送のメール画面

Amazon.co.jp 注文の発送

【2009/4/8追記】

上記の注文の ELECOM USBフルキーボード が4/8に配達されましたが・・・

配達してくれたのは、 ●●運送 という聞いた事もないローカル運送会社で、何とカトーレックの下請会社だそうです。 (←ドライバーの男性に聞きました)

ちなみに昨日 再配達依頼の電話をした時に19:00以降と時間指定しましたが、18:35頃に来られて、ちょっとムッとしました。

運送会社と配達状況を何とかして欲しい感じです。。。




家族の経験談によると、3冊の本を注文したら、佐川急便の飛脚メール便、日本通運のNITTSUメール便、あと某社のメール便で届き、とても驚いたそうです。

普通に考えると、『分割発送の方が梱包材や梱包手間賃もかかるんじゃないの?』 と思いますが、それでも総合的に見ると、複数社を使い分ける方が、ペリカン便だけを使うより安い!という結論なのでしょう。

Amazon.co.jp は、1500円以上の買い物で送料無料 というのが商売成功の秘密の一つなので、その条件を簡単に変える事はできません。

これを 2000円以上の買い物で送料無料・・・としたら、客が減ると思います。

例え、それまでが過剰サービスだったとしても、そのサービスに慣れてしまえば、それが普通になってしまう。 急に無料条件が変わると客は不満を覚えるものです。 (人間心理)

でも、このご時世なので、日本通運に送料の値上要求でもされたのではないでしょうか?
だから、配送方法を変更して、送料を抑えることにしたのでしょう。


Amazon.co.jpの戦略を観察をしていると、とっても面白いです(笑)


アマゾン・ドット・コムの光と影アマゾン・ドット・コムの光と影
横田増生

アマゾン・ドット・コム アマゾン・コム―ネット書店から発展を続ける アマゾンのロングテールは、二度笑う  「50年勝ち組企業」をつくる8つの戦略 (講談社BIZ) 楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのか グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)

by G-Tools



関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:インターネットビジネス
ジャンル:ビジネス

タグ:Amazon.co.jp

コメント

非公開コメント

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

09  08  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01