本を売る (本好きの為の本・整理術)

本棚← は、自宅のパソコンルーム(という名の書庫)の写真。
この部屋の壁は本棚で埋め尽くされており、 「今ここで大震災が起こったら死ぬだろうな」という、恐ろしい状態になっています(苦笑)

本を整理しないと、こうなるという良い例ですね!
大体、この写真に写っている本なんて、何年 開かれていないか分かりません。
置く場所だって限りがあるんだから、捨てるなり売るなりするしかないのです。

さて。
年末の大掃除で悪戦苦闘した私ですが、本の整理だけは、ここ2年くらいで一応、終えています。
では、一体どのような過程で本を減らし片付けたのか、売るとしたら何処に売ればよいのかをまとめてみようと思います。

【前置き】
まず最初に、私は本好きです。
本に愛着があります。
だから、読まなくなった本でもゴミに出すのは嫌なんです!(雑誌などは例外)

今現在の基本方針は、「図書館で借りて、買わないようにする」
所蔵冊数を無駄に増やさないことが大切です。
借りて読めば十分っていう本が大多数なので。
(何度も読む価値のある本は、後で購入)


【本を売る】
古本屋で本を売ったことのある人なら分かると思いますが、本の買取価格は非常に安いです。
1冊10円とか。よほど希少価値があるか、ベストセラーもしくは大人気の漫画でなければ高価買取はありません。

しかし捨てずに本を片付けるとなると、やはり売るのが一番。
売った本が必ず他人に購入されて読まれるとは言い切れませんが、直接ゴミに出すよりマシ。

以下は私が利用した経験談になります。

(1)古本屋に持ち込んで売る (最も一般的)


古本は、本の状態が命。
新古書店では、ベストセラーでも汚ければ駄目です。
だから売るかもしれない本は、なるべく日焼けしないように保管
またカバーの折れや傷もNGなので注意。

でもブッ●オフは売値の10%程度で買取しているので、105円で売っている本の買取価格は10円にしかなりません。

(2)ネットの買取サイトで売る


ブックオ●が嫌になった私が利用したのがこれです。
(苦労して何十冊も本を持って行き、買取金額250円とか…ウンザリ)


アーカムブックス
* 古本・中古コミック・中古CD・中古DVD・中古ゲーム 販売/買取 *

【2013/10/19追記】アーカムブックスのサイトが閉鎖されたようなのでリンクを外しました。

本を売る場合、50冊以上から受付となります。

流れとしては、
1. ネットで申し込む
2. 買取用紙(希望者にはダンボール箱も)が送られてくる。
3. 本を梱包し、佐川急便で配送。送料・無料(←重要)
4. 1週間程度で、買取価格が振り込まれる。(メールで確認あり)


利用した感想は、まあまあ。
特に発売して間もない本や、漫画・DVDの高価買取商品が豊富だと思います。

ただし送料無料で送れる分、本の査定は普通の古書店より厳しめ。
素人目には新品同様に見えた本も、買取表の価格より安かったので。
(※本の状態により、買取価格に変動あり)

また買取不可商品を大量に送ってしまうと送料を請求されるので、買取ページの注意書きはよく読んでおきましょう。

結局、私はこの2箇所で本を売って片付けました。

以下は、没案。

(3)ネットオークションで売る


(利用者数・最大の)Yahoo!オークションも検討しました。
Yahoo!プレミアム会員で、オークションできる環境なら、これを利用するのも良いでしょう。
古書店より高く売れると思います。

私の場合、本を売るためだけに月々の利用料を払うのが微妙だったので止めました。
また出品料を払って出品⇒入札があれば落札者と連絡を取り、入金確認後、梱包・発送する。 というのが面倒で…。
(相手が普通の落札者なら良いけれど、万が一トラブルがあったら疲れる)
仮に数百円の利益が出たとしても、時間や労力を考えると割に合わないと感じて却下。

(4)図書館に寄贈する


私は図書館好きでもあります。
「本をゴミにせず、多くの人に読んでもらえるなら、寄贈しようかな~」と思いました。
どうせ売っても大した金額にならないし、無料で差し上げて有効活用されれば幸い!という考えです。

でも実際には、寄贈も微妙なんですよ。
予約者多数の人気本を寄贈すれば喜ばれますが、人気のない(もしくは書庫に在庫多数の)本を寄贈しても、その本が図書館の開架図書に並ぶことはありません。

私の利用する市立図書館では、寄贈した本がどうなるのか、寄贈者に教えない規則なので文句言えないんですけどねー。
(その謎は、昨年 一部、解けました。年に1度リサイクルブックを市民に無料提供される日があり、そこで放出している模様。「寄贈されたけど、いらない本はこうしてるのか~」と納得しましたね。)



このような感じで本を整理し、なるべく所蔵冊数を増やさないよう努力しています。
でも、そろそろまた片付ける時期かもしれません。

この前 購入した高価な本が用済みになったら、
今度は、Amazonのマーケットプレイスに出品しようかな。


↓関係ないけど「超○○法」シリーズってこんなに出てるんですね。
「超」整理法〈2〉捨てる技術「超」整理法〈2〉捨てる技術
野口 悠紀雄

「超」整理法〈4〉コミュニケーション 「超」整理法〈3〉タイム・マネジメント 「超」整理法〈3〉 「超」勉強法・実践編 続「超」整理法・時間編―タイム・マネジメントの新技法

by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *
Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

11  09  08  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01