【美術館】ジブリの絵職人・男鹿和雄展へ行った

■東京都現代美術館 「ジブリの絵職人・男鹿和雄展」
■〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
■2007年7月21日~10月1日
■開館時間 10:00~18:00 
■入場料 大人1100円

9月15日(土)に行きました。

感想。

すごく良かった。

生の絵は素晴らしい・・・!!


ホント、この一言につきます。

チケット購入まで10分

入場まで90分

非常に混雑していましたが、
私にしては珍しく、並んだ時間も無駄じゃなかったと思える満足度です。

1,100円分の価値は、十分ありました。

もし行くかどうか迷っている人がいたら、ぜひ行ってみて下さい。
お勧めです。

来客は15万人突破したそうですが、それも頷ける充実した展示内容でしたよ。
ジブリの背景美術が中心ですが、それ以外の絵もあり、広く楽しめます。
最初の方に「ガンバの冒険」や「あしたのジョー」があって、驚きました(笑)
あとは沖縄や長崎の風景とか。

展示されているジブリ背景の割合はこんな感じ。

(多) となりのトトロ・おもひでポロポロ・平成狸合戦ぽんぽこ
(中) もののけ姫
(少) 魔女の宅急便・紅の豚・千と千尋の神隠し・ゲド/ハウル


日本の山林や家屋の絵が多いので、トトロ好きの人は嬉しいかもしれません。

客層は、ほとんど大人で中高年の方も多かったです。
高校生の団体もいましたが、レポートを持っていたので、学校の郊外学習?


絵の良さや感動は、私の乏しい語彙力で表現するのは難しいですが、やはり生の絵は(印刷とは)違いますね。
水彩画であそこまで出来るなんて。
色の塗り重ねや、ぼかし具合など、「どれほど時間をかけて描いているんだろう・・・」と思いました。

仮に、自分が色を塗ることを想像すると、本当に気が遠くなってしまうような緻密で繊細な仕上がりで、一枚一枚が芸術品。


07-09-15_15-30.jpg  07-09-15_15-29.jpg

展示室は、1階がメインで3階にも少しあります。
3階は、写真撮影可だったので携帯で撮ってみました。

07-09-16_10-12.jpg


あと体験コーナーで、トトロ折り紙を配っていました。
美術館の席はいっぱいだったので、家でせっせと作成。
折り紙なんて、久しぶりー。
正直、ちょっと難しかったです。。
でもトトロできましたよ!

07-09-16_10-13.jpg


お土産は、ポストカードを2枚購入。
今回の美術展の図録が2800円で売っていましたが、所詮は印刷。
生で見るからこその感動だと思います。

07-09-16_16-03.jpg



■関連記事 
ジブリバトン

関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル:学問・文化・芸術

タグ:展覧会

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

07  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01