Yahoo!オークション雑記 【出品編】

先月で出品を一段落させたので、気楽な週末を過ごしております。
そこで雑記を書く予定でしたが、終わってしまうと、どうでもいい気分になりずるずる時が過ぎてしまいました(笑)
でも、せっかくなので出品中に感じた点をいくつかご紹介します。


■入札者制限
以前の記事でも書きましたが、なるべく非常識な落札者を回避するため、入札者制限事項を設定しています。

<出品時の注意事項>

まず無料オプションの利用。
・ 海外発送不可
・ 評価合計がマイナスの入札者を制限

そして商品説明で、取引メールの返信や振込期日を指定。
携帯アドレスの使用や代理落札お断りなど。

文章表現は強要になりすぎないよう注意していますが、結局の所「これらの内容をご了承頂けた方のみ入札して下さい」という意味でしかありません。

といっても、本当はあまり書きたくないんです。
よほど希少価値のある品でなければ、確実に入札者は減りますから。

入札者側の気持ちを考慮すると、“ああしろ、こうしろ、○○はお断り、ご遠慮下さい、しないで下さい”と一方的に言われたら傲慢に感じますよね?
ある程度の出品経験があれば、「トラブル防止のために書いているんだろう」と思ってくれるかもしれませんが、落札が主の人には分からないかもしれません。


<ノークレームノーリターン>

よく見かける一文です。 私も書いています。
・ 落札後のキャンセルは受理できません。
・ ノークレームノーリターンでお願いします。

キャンセル不可は当然。
ただノークレームノーリターンという表現は微妙だと思います。
私は商品状態を細かく文章で説明し、複数の角度から撮影した写真を掲載、発送方法も損害賠償あり・なしを落札者に選択してもらっているので、問題ありません。

しかし適当な落札者もいれば、適当な出品者も存在するのが世の常。
例えば、
・ 商品説明と実際の状態が著しく違う
・ 発送前から商品が破損していた
こういう場合、いくらノークレームと言われても落札者には苦情を言う権利があるに決まっています。


<評価>

さらに「評価が新規の人、もしくは評価欄を拝見し非常に悪い人だと判断した場合、入札を取り消す場合があります」と書いている人をよく見かけます。

さすがに私は書いていませんが気持ちは分かります。
理由は以下。


■無料キャンペーン問題
このやっかいなキャンペーン。
期間限定でプレミアム会員登録をしなくても全商品に入札できてしまうサービス・・・。
(会員費はともかく落札オンリーの人にも住所確認すべきでは?)

おかげで30件未満の取引しかしていない私も被害を受けました。
普通に考えれば、誰だって初めてはありますし、新規だから欲しい商品に入札できないなんておかしですよね。

ですが、「評価が新規」=「オークション経験が新規」とは言い切れないこと。
またYahoo!IDはメールアドレスさえあれば、いくつでも取得できることから、無責任/悪戯で入札をする人が現れる可能性が高くなります。

今回のパターンもその通りでした。 もうウンザリ。

オークション終了後、3日以上メールの返信がない時点で諦めましたが、ガイドラインに従い、根気強くメールや掲示板で連絡。5日以上経過した時点で「○日までにご連絡がなければ落札者様都合で削除します」と最終警告し、やっと削除。

この一連の流れは疲れるものです。(無駄な手間と時間を浪費)


■評価について
さて。 
出品や入札の際、相手を見極める目安になる評価ですが、やはり目安であり絶対ではないと思います。
というのも一般的には問題なく終了した取引であれば、互いに「非常に良い」で評価する傾向になっている気がします。

また「評価件数」=「オークション件数」でもありません。
中には、評価をしない主義の人もいますし、個人的には強制されるものではないと思っています。

まあ商品発送時に「到着したら評価欄から連絡して下さい」とお願いしていますが。
心境としては、(評価が嫌ならメールでもいいので)無事到着したかどうかを教えて欲しいと感じます。


■梱包
amazonマーケットプレイスと違い、新品の梱包用品使用は義務付けられていないので、なるべく手元にあるもので済ます努力をしています。
空気緩衝材(いわゆるプチプチシート)だけ買いましたが、あとはキレイな箱を収集したり、オークション中は気をつけていました。
梱包も割と面倒な作業ですが、何かあると困るので、なるべく丁寧にやった方が無難でしょう。


■おまけ:取引相手が知人である可能性
世間は意外と狭いので、ありえます。
私はオークションで現実知人に遭遇するのは嫌な人間なので、少し心配しています。
何となく嫌なんですよねー(笑)
あえていうなら友人・知人とお金のやりとりをしたくないというか。

一度、知人と一文字違いの落札者様と遭遇してヒヤヒヤしました。
(例) 知人:鈴太郎  取引相手:鈴太郎  みたいな。





以上。 

私の常識がいつでも通用する訳ではないので、オークションもなかなか難しいなと思いました。
とりあえず努力のおかげで、自室はだいぶ片付きました!
物が減ったので、殺風景とも言えますが、その方が掃除は楽なので良しとします。

おしまい。
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:オークション
ジャンル:ライフ

タグ:オークション

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

11  09  08  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01