読書意欲

2006.06.06 22:12|ブログブログの記事一覧
昨年11月から定期的に本を読むこと早半年。
(それまでも図書館利用はしていました。頻度の問題。)

そろそろ自分の中の読書ブームが下火になってきた感じです。
最近は福井晴敏さんのDAISモノやらアガサ・クリスティー初期の冒険/スパイ小説を読んでいましたが、さすがに食傷気味。

好きなパターンなので、一定の満足感は得ています。
また大きな不満もありません。
でも立て続けに似たような話ばかり読んでいると、ちょっと…。

気分転換に、絵本でも借りてみるとか?
『ぼくを探しに』の作者が描いた『大きな木』なんて良さそう。

あとは『あらしのよるに』の小説版を図書館で予約しました。
以前、立ち読みしたけど、改めて読んでみるのも良いかもしれないと思って。
そういえば映画は原作と結末が違うらしく、どう違うのか密かに気になっています。
子供向け映画らしいので、小説版のラストとは違うと思うのですが。
どなたかご存知でしたら、こっそり教えて下さい。


他には・・・
むかし某雑誌の特集「建築家の建てた家」が好きだったんですよね。
美しい建築物や家具の写真を見るのは、けっこう楽しいものです。
マッキントッシュ(←建築家)の本なんて、どうかな~。
あの有名な椅子をデザインした人。
大塚家具でも売っています(笑) ←前に広告掲載されていました。
座る椅子というより眺める椅子。
それなりの洋館所有者なら、買って飾っても良さそうです。

「デザイン!What's design?」
チャールズ・レニー・マッキントッシュ特集
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:雑記
ジャンル:本・雑誌

コメント

その気持ち分かりますー

私の場合

本ばかり読む次期→映画ばかり見る時期→漫画→音楽→何も見ない→本に戻る

という感じで永遠ループしています。こうすると、好みのものがエンドレスで供給されているのでストレスがたまらずに良いです。本に関しては私も一時期ミステリィにはまりすぎて、すっかりミステリィ慣れしてしまったことがあります。読みなれると、オチが最初から見えてしまったりするので、本を楽しむという観点ではあまりよくないです。

最近の雑誌はなかなかマニアックなものが多くて、結構面白いですよ。図書館で借りてみてはいかがでしょう。本の雑誌ダ・ヴィンチなんかも面白くてお勧めです。

それでは!

そうなんです、ループします。

カオリさん、こんばんは。
趣味のループについて、同感です(笑)
(私は大体6~10ヶ月で満足→飽きてくる…の繰り返しです)
こういう時は、また新たに興味のあるものを発掘しても良いかな~と思っているのですが。

ミステリィは、人気のあるジャンルですよね。
たくさん本が出版されているので、好みの作家を見つければ、しばらく読むものに困らない気がします。

雑誌は、今パソコン誌と某住宅情報誌(無料)を読んでいるだけなので、今度 書店に行く機会があれば『ダ・ヴィンチ』をチェックしてみます。
ご紹介、ありがとうございました!
非公開コメント

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

11  09  08  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01