『Op.ローズダスト』 (ネタバレ感想)

【注意事項】 
※『Op.ローズダスト』だけでなく『亡国のイージス』や『川の深さは』の話も含んだネタバレとなりますので、未読の方はご注意下さい。 
※キャラクターに焦点を当てた偏った感想です。
※ネタバレなしの記事は、こちらから。


Op.(オペレーション)ローズダスト〈上〉 (文春文庫) Op.(オペレーション)ローズダスト〈中〉 (文春文庫) Op.(オペレーション)ローズダスト〈下〉 (文春文庫)





【ネタバレ感想】


■『Op.ローズダスト』に対する個人的な期待度

熱心なファンの人にとっては、3年ぶりの長編ということで待望の新刊だったと思います。
私自身は昨年末にDAISシリーズを初めて読んだので、待ちわびる時間はありませんでした。

また個人的に、このシリーズでは『亡国のイージス』が最高傑作と思っているので、新刊に対してイージス以上の感動を求めていませんでした。
「いつものパターンで、楽しめるだろう」という予測の元での読書です。
読後の感想としては、予想通りの満足感。



■主人公・丹原朋希について

DAISシリーズ名物。
陰のある少年ポジションにいる彼ですが、「ぬるく、甘く、かわいい人・・・」というのが私の所見です。

年齢は24歳なのに、あまり大人という印象を受けませんでした。
むしろ20歳前後だった同シリーズの主人公少年、保(たもつ)や行(こう)の方がシビアな感じ。

リクルーターにスカウトされた理由も、エピソードは如月行と被りますが、身内殺しの動機としては、やや弱い。
まあ姉を自殺に追い込んだ叔父を許せない/我慢できない・・・というのは分かりますが、行と比べると、「ぬるい」気がします。



■『Op.ローズダスト』で、悶えた所

今回、読書中に悶えたのは、あの部分。
そう。 訓練キャンプの犬!

読んでいて、「また…?」「また、あのエピソード!?」と不安で胸がいっぱい。
いや~、シロ話が残酷だったので、「何度もやられても困ります」という心境でした。
結論としては、あの悲劇が繰り返されず、良かった。
一功、Good Job!
二人の出会いの場面は、けっこうお気に入り。



■『Op.ローズダスト』で、笑った所

「手ぇ出したら殺すぞ」 こちらに振り向けられた目は静かな殺気帯びていた。 (上巻p271)


愛娘の身を案じる父親と、その殺気に驚く朋希。
このセリフ『川の深さは』では、保が桃山さんに言ってました。
今回は立場が逆ですね~。
この後の並河さんと朋希の会話が好きです。


「・・・・・・いただきます」 
恵理は微笑顔で頷き、台所の方に歩いていった。おれはバカだ。朋希はがっくりと頭を垂れた。 (上巻p322~p323)


ホント、バカ。 
何なの、この人。 かわいい。 面白すぎる。
これを読むと笑っちゃうんですよね。

並河の娘・恵理に「クッキーでお茶にしませんか?」と誘われ、潔く断るはずが断れない姿が。
幸福を求める本能に負けたってこと?
この場面 『亡国のイージス』で、如月行が(シロ似の)菊政を追い払えなかったのと重なります。
彼は“優しさ”から出来なかったんですが。

こういう違いから今回の主人公は、ぬるいと思うのですよね。

それにしても娘さん絡みのエピソードは、微笑ましくて良いです。
病院の前でウロウロしたり、三佳の名前を出されてコーヒー噴出しそうになったり、動揺しすぎで笑えます。



■『Op.ローズダスト』で、切ない所

並河 「なぜ、殺した……?」
朋希 「正当防衛です」
並河 「ふざけるな」「おれの目は節穴じゃないぞ。狙ってやったな。なんでだ」
朋希 「・・・・・・友達だから」 (上巻p414)


他にもあると思いますが、こういうのに弱いんです。
「元・仲間のよしみで、廃人にされる前に殺してくれ」と頼まれ、やむなく・・・みたいな。
平静を装っているけど、本当は深く傷ついている。


■不思議少女・三佳

かつて朋希と一功が愛した女性。
ROSEDUSTという「新しい言葉」を生み出した人。
若干19歳で殺害され、いつまでも儚く美しい特別な少女。

・・・のはずですが、申し訳ありません。
そんなに魅力を感じないんですよね、彼女に。
嫌いとまではいきませんが、そんなにいいかな~と。
ミヒャエル・エンデのモモに感情移入できないのと同じ?
不思議少女が苦手なのかもしれません。

あとオペレーションLPのLPがリトル・プリンセスの略というのも…。
ネーミングセンスが微妙。



■『Op.ローズダスト』で、突っ込みたい所

朋希が恵理の携帯に送った「別れの挨拶」メール。
内容は問題ありません。
今までの感謝の気持ちを一生懸命、伝えようとしているのが分かります。
しかし。
初めてのメールにしては、文章が長すぎると思いませんか?
携帯で文字打ちして送信するのって、けっこう面倒ですよね。
あれだけの文章を打つのに、どれだけ時間がかかったんだろう。
誤字脱字もないし、さすがDAISメンバー!!(というオチ?)



■『Op.ローズダスト』で、ちょっと良い場面

「なあ、丹原。 入江はおまえを試してるんだって言ってたよな? でもおれには別の感想がある。 あいつは多分、おまえに止めてもらうのを待ってるんだ」 (下巻p261)


こういう場面も、何となく好み。
並河さんの言う通り、一功は朋希に止めてもらうのを待っていたんだと思います。

本当はこの場面、朋希と並河さん・一時の別れの場面なので、ぐっとくるハズなんですよね。
でも、このシリーズは並河さん的おじさん主人公は、いつも無事なので、それを考えると緊迫感が薄れて、ついつい軽い気持ちで読んでしまいました。



■一功と恵理

最後、決着がついた後の場面について。
わざと急所をはずして朋希を生かし、逃げるように言う一功。
「待っています。帰ってきて下さい。」とメールを送った恵理。
他人に背中を押されて、やっと動ける朋希を見て、やっぱり最後まで「ぬるく、甘く、かわいい人・・・」と思いました。

別に非難している訳ではありません。
かわいいので、笑わせていただきました。
ちなみに一功も割と好きです。


おしまい。


【読書の助け】
⇒ Op.ローズダスト 主な登場人物一覧表
⇒ ローズダスト関係地図 (作成者: jidoriblogさん)



■BS2週刊ブックレビュー 特集「Op.ローズダスト」について



【関連記事】
福井作品のススメ (DAISシリーズ紹介) 
『川の深さは』  ★★★★ 
『Twelve Y. O.』 ★★
『亡国のイージス』 ★★★★★
『6ステイン』 ★★★★
『オール・アバウト・如月行』 ★★★




Op.ローズダスト(上)  Op.ローズダスト(下)




TRACKBACK People 「福井晴敏ピープル
関連記事
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

楽天

月別アーカイブ

09  08  06  05  03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01