2006年06月

  1. 『ポーの一族』 萩尾望都 名作漫画(06/25)
  2. 『スカイ・クロラ』 森 博嗣(06/24)
  3. 『おおきな木』 シェル・シルヴァスタイン(06/24)
  4. 『雲を追いかけて』 HABU (06/23)
  5. 『ハワイで大の字』 小栗 左多里, トニー・ラズロ(06/17)
  6. 『バケツでごはん』 玖保キリコ 名作漫画(06/14)
  7. 『OZ』 樹なつみ 名作漫画(06/11)
  8. 読書意欲(06/06)
  9. もうひとつの 「亡国のイージス」 『オール・アバウト・如月行』  福井 晴敏(監修)(06/03)
2006.06.25 22:15|漫画ブログの記事一覧
少女マンガの不朽の名作として知られる『ポーの一族』。
主人公のエドガー・ポーツネルは外見14歳の少年。
やむをえない事情から吸血鬼の一族に加わることになった彼は、どこかで人間に戻りたいという叶わぬ願いを抱きながら200年以上の時を生き続けている。

▼ 【文庫版】 全3巻 より 【萩尾望都パーフェクトセレクション】 6・7 をオススメします!

★作品の収録順が連載当時の掲載順になっているようです。

ポーの一族 1 (1) (フラワーコミックススペシャル 萩尾望都パーフェクトセレクション 6)  ポーの一族 2 (2) (フラワーコミックススペシャル 萩尾望都パーフェクトセレクション 7)
スポンサーサイト
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌

タグ:萩尾望都

2006.06.24 23:04|ブログブログの記事一覧
【評価】 ★★★
【一言】 SF小説?

スカイ・クロラ スカイ・クロラ
森 博嗣 (2001/06)
中央公論新社
この商品の詳細を見る
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌

【評価】 ★★★★
【一言】 「与えること」とは

おおきな木 おおきな木
Shel Silverstein、シェル・シルヴァスタイン 他 (1976/01)
篠崎書林
この商品の詳細を見る

※微妙にネタバレを含みます。

この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌

雲を追いかけて
本日、書店で遭遇した一冊。
雲のかかった空の写真集。
私は、ただの空より雲のかかった空好きなので、かなり好みの本でした(笑)

この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *
2006.06.17 20:54|漫画ブログの記事一覧
【評価】 ★★★☆
【一言】 さおりとトニーの冒険紀行

図書館で予約して半年・・・。
やっと借りる順番が回ってきましたー!

この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌

2006.06.14 21:31|漫画ブログの記事一覧
▼バケツでごはん【文庫版】 (全5巻で、単行本未収録の描き下ろし有)
バケツでごはん 1 (小学館文庫 くC 9)バケツでごはん 2 (小学館文庫 くC 10)バケツでごはん 3 (小学館文庫 くC 11)バケツでごはん 4 (小学館文庫 くC 12)バケツでごはん 5 (小学館文庫 くC 13)

■ ジャンル
人間(動物)ドラマ? 


この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌

タグ:玖保キリコ

2006.06.11 01:57|漫画ブログの記事一覧

■ ジャンル
近未来SF

■ あらすじ
1990年10月。第3次世界大戦勃発。
引き金は核弾頭の誤爆によるものだったが、これにより世界は壊滅状態に陥る。
作品の舞台は、大戦から31年後、2021年の地球。
この荒廃した時代に傭兵として生きるムトー軍曹が、天才少女フィリシアに雇われ、機械人間(サイバノイド)1019を伴い、戦いも飢えもない幻の科学都市「OZ」を目指すというストーリー。
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:オススメ漫画
ジャンル:本・雑誌

タグ:樹なつみ 花咲ける青少年 白泉社 OZ

2006.06.06 22:12|ブログブログの記事一覧
昨年11月から定期的に本を読むこと早半年。
(それまでも図書館利用はしていました。頻度の問題。)

そろそろ自分の中の読書ブームが下火になってきた感じです。
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:雑記
ジャンル:本・雑誌

※加筆修正しました。(2006/6/3)

主人公の如月行に焦点を当てた「亡国のイージス」本。
作品紹介や裏話に加え、映画の映像もふんだんに掲載した一冊。
ファンなら楽しめる内容だと思います。
この本は映画公開前に出版されており、その宣伝を兼ねたファンブックという作り。

4594049443もうひとつの 「亡国のイージス」 ~オールアバウト・如月行~
福井 晴敏
扶桑社 2005-04-22

by G-Tools
この記事がよいと思ったら、拍手ボタンをクリックして頂けると嬉しいです。  * web clap *

テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌

Welcome!



はじめに
管理人にメール 

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 その他生活ブログへ

現在の閲覧者数:
2006年からの訪問者数:

Amazon.co.jp

記事検索(ブログ内)

 

Lc.ツリーカテゴリー

【全タイトルを表示】

「+」「-」のクリックでツリーが開閉します。

おすすめ漫画[連載中]

○『シュトヘル』『甘々と稲妻』紹介記事

『シュトヘル』伊藤悠/小学館
シュトヘル1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(2) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル(3) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル(5) (ビッグコミックススペシャル) シュトヘル 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) シュトヘル 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

『甘々と稲妻』雨隠ギド/講談社 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(2) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(3) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(4) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(5) (アフタヌーンコミックス) 甘々と稲妻(6) (アフタヌーンコミックス)

となりの怪物くん[完結]

となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)
○『となりの怪物くん』紹介記事
○ヤマケンについて語る。
○7巻[特装版] 感想
○8巻 感想
○9巻 感想
○10巻 感想
○11巻 感想
○12巻 感想
○13巻 感想
○FAN BOOK 感想

人気記事

楽天

月別アーカイブ

03  02  01  10  08  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  10  09  08  05  03  11  10  09  07  06  03  12  08  07  06  05  04  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01